スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソリッドとチューブラー

ソリッドとチューブラーの合わせ方の違い。
ソリッドこそ掛け合わせ、チューブラーは聞き合せ!
メバルのバイトにノリも掛けもないのです。メバルからすればそんなものは関係ない。
メバルのバイトの特徴を掴めば数は必ず伸びます。(サイズは別3年やっても未だ修行中。)
ただタックルの特徴をわかってないと対処できないので。一般的なものを参考にしました。
これからメバリング専用ロッドを購入する人の参考になればと思います。
※高感度のソリッドはちょっと違うかも。

①メバルがワームをくわえた時。
ソリッドは柔らかいので、バイトを吸収する。(手元に遅れて伝わる)→メバルは違和感を感じずらい。

チューブラーは張りがあるので、バイトを吸収しきれず手元に伝わる。→メバルは違和感を感じやすい。

②合わせ
ソリッドは手元に伝わったとき、(吐き出す前に)即合わせしないとバレルことがある。(とくに大きいの)運がよければ針ががかりする。普通は竿先に乗ったら合わせを入れる。反転型のバイトなら向こう(メバル)合わせになる。小さいフックを使用しているときは合わせはしっかり入れた方が良い。

チューブラーと高感度ソリッドはバイトがあったときメバルに違和感を与えないよう注意してロッドを操作(メバルに様子を窺うのもあり)リトリープし、竿先に乗ったら合わせを入れる。(吐き出すタイミングはソリッドよりわかりやすい)反転型のバイトなら向こう(メバル)合わせになる。※その前に合わせてもよい。

③注意点(こつ)
ソリッドはできるだけはやくバイトの情報を得る。ラインの動きであったり、竿の動き、リールの巻く重さだったりなど、竿先に神経を集中する必要がある。これを怠るとメバルの活性がよっぽどよくないと釣れない。ショートバイトが多い場合ちょっと注意すれば釣れるようになることもある。

チューブラーはとにかくバイトしてから合わせをいれるまで、とにかくメバルに違和感を感じさせないようにする。(高感度ソリッドはかなり楽)

④共通(絶対見逃してはいけないバイト)
ソリッドもチューブラーも根に吸い込まれるようなあたりがある。人によっては、藻にかかったようなとか根がかかりみたいなとかの表現でいうバイト。このケースは迷わず即合わせ。「ガッブ」とくわえて、すぐに吐き出すパターンで、このあたりは大きいメバルのバイトに多い。僕の場合、エイトアクションで釣れた一匹を除いてこのパターン。

※「こつこつ」や「ぐぐぐ・・」あたりが来たときは手遅れ、これでフッキングしたときはたまたまです。上記のあたりをとらえないと数、サイズが伸びません。

YYC - ライブドア運営の出会い応援サイト

web拍手 by FC2
↓ランキングに参加してます。応援の「ポチッ」お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひらりゅうさんいつもコメントありがとうございます。
チューブラーもよいロッドはソリッドような釣り方もできますし、
ソリッドもよいロッドはチューブラーのような掛け合わせもできます。
ひらりゅうさんが掛け合わせが楽しいのであれば、高感度のソリッドロッドも試したら、もっと楽しくなるかもしれません。僕の周りのメンバーはソリッドを使っている人が多いのですが、みんなしっかり掛け合わせしてます。ひらりゅうさんもブログを見るかきぎり、実力はかなりあると思います。僕はやっと20超えられるようになったばかりで、まだ勉強することが多いです。

No title

こん○○は!

とても面白く読ませて頂きました。
自分もチューブラを使うようになって、様々なアタリの出方に
注目しているところです。

「吸い込まれるようなアタリ」
自分にはまだ明確に解らないです、、、そんな程度のくせに、
少し前、掛け合わせについて書かせて頂きました(^^;
プロフィール

hiro.sorekara

Author:hiro.sorekara
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2拍手
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。