3000番に細いライン(PE0.6号)を巻く方法

先日メバル用のリールに重量の軽い3000番のリールがお勧めと書いたのと、偶々PE0.6号を巻いたら失敗してしまったので、巻き直す方法を書くことにしました。

写真①のB=逆テーパー
写真①のA=フラットテーパー
写真①のC=順テーパー

エクスセンスC3000Mの標準はPE1.2号150Mでフラットテーパーになる。
それより細いと逆テーパーで、太いと順テーパーになる。

今回の失敗は下巻きにフロロ3ポンドのラインを巻いているので、順テーパーになっています。そこにPE0.6号120Mを巻くので、相殺されフラットテーパーになる予定でした。

しかし、仕上がりが写真②のように若干順テーパーになったのと、写真で分かりずらいかもしれませんが写真④と比べると巻き状態がばらばらになっているので失敗です。

そこで、巻きなおすため、予備のベイトリールに下巻きごとすべてとります。(※スピンにングリールではラインが痛むのでやってはダメ。)

次に写真③のワッシャーをスプール軸から一枚抜き下巻きを巻くと写真を撮り忘れてしまったのですが、下巻きの状態で若干順テーパーになってしまいました。PE0.6号はここから逆テーパーで巻かれるので、相殺されフラットテーパーになると予測し、メインを巻くと写真④のような感じに修正されました。

今回は許容範囲だったのでこれで使用しますが、少し逆テーパーになっても、下巻きを巻き終えた時点で写真③のワッシャーを戻した方がよかったかもしれません。

結論、僕のように面倒くさがらず、下巻きの時点でフラットテーパーにして、そこからメインラインを調整したほうがよいです。

↓写真① ※シマノエクスセンスC3000Mの取扱説明書より引用させていただきました。
20101014
↓写真②
20101015
↓写真③
20101016
↓写真④
20101017
YYC - ライブドア運営の出会い応援サイト

web拍手 by FC2
↓ランキングに参加してます。応援の「ポチッ」お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiro.sorekara

Author:hiro.sorekara
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2拍手
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告